注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 広報 > 広報なすしおばら > ちっちゃな自然み~つけた > 2019年度(令和元年度)ちっちゃな自然み~つけた > ちっちゃな自然み~つけた(ナンバー173)

ここから本文です。

更新日:2019年9月5日

ちっちゃな自然み~つけた(ナンバー173)

昆虫界の生きる伝説 ~ヤマトイシノミ~

 【令和元年(2019年)9月5日号】

ヤマトイシノミ

ヤマトイシノミって?

体長は1~1.3cmほど。東日本を中心に広く分布する。全身は鱗粉で覆われ、保護色になっている。日光市で採集された標本をもとに1943(昭和18)年に新種として記載された。

体の色には個体差がある

 

7月に親子昆虫教室の下見で、田舎ランド鴫内の周りを歩いていると、講師の一人が立ち止まって、「いた! これそうじゃない?」と木の幹を指差しました。そこにいたのが写真のヤマトイシノミです。那須野が原博物館で開催中の特別展「昆虫創世記」の企画が決まってから、ずっと撮りたいと思っていた昆虫です。

イシノミの名は、石の上にすみ、ノミのようにジャンプをすることから付けられました。翅がないので幼虫のように見えますが、これでも立派な成虫です。イシノミは、昆虫のなかで最も原始的なグループのひとつで、最古の化石はデボン紀中期(約4億年前)の地層から見つかっています。この頃に登場した昆虫は、翅をもっていないため、空を飛ぶことはできませんでした。つまり、イシノミは翅をもたないほど原始的な昆虫なのです。その他にも、腹部に脚のなごりとなる小さな付属肢をもち、脚のように伸びた口器があるなど、昆虫の祖先がもっていたかたちを残しています。まさに、大昔からほとんど姿を変えずに生き続けている「生きた化石」といえるでしょう。

イシノミは、渓谷の林や神社の石段など、日の当たらない湿った環境で、木の幹や岩などに付いた藻類を食べて暮らしています。見つけたらじっくりと観察して、太古の昆虫の姿を想像してみてはいかがでしょうか。

じゅんじ

 


 

 

お問い合わせ

所属課室:企画部シティプロモーション課広報広聴係

電話番号:0287-62-7109

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?