注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 平成29年度記者会見 > 平成30年3月/市長定例記者会見

ここから本文です。

更新日:2018年3月15日

平成30年3月/市長定例記者会見

3月定例記者会見の実施内容

日時・会場

平成30年3月15日(木曜日)午後2時30分から、那須塩原市役所3階303会議室

発表事項

(1)新庁舎建設について

この度、新庁舎建設の再開にあたり、新庁舎建設スケジュールについて、既存本庁舎の跡地利用について、各庁舎の活用について、以上の3点について方向性等の再整理をいたしました。

詳しくは、資料1をご覧ください。

 

(2)那須塩原市と作新学院大学・作新学院大学女子短期大学部との連携・協力に関する協定の締結について

本市と作新学院大学並びに作新学院大学女子短期大学部が相互に連携及び協力することで、各々が有する資源や能力を有効活用し、相乗効果を高めながら地域の課題に適切に対応するとともに、相互の発展と地域の発展に資することを目的として、この度、5つの項目について協定を締結します。

詳しくは、資料2をご覧ください。

 

(3)那須塩原市アートを活かしたまちづくり戦略について

この度、本市の「アートを活用したまちづくり」についての基本的な考え方や方向性を示すとともに、取り組みを戦略的かつ効果的に進めていくために、那須塩原市アートを活かしたまちづくり戦略を策定します。この戦略では、アートを活用して「新たな魅力」を創出し、市の内外に向け発信することで、多様なアートに触れることによる「市民の文化力」の向上と交流人口の増加による「地域の活力」の創出を目指します。戦略の期間は2018年度から2021年度までの4年間で、黒磯駅周辺から板室温泉までの板室街道沿いを中心に施策に取り組む予定です。

詳しくは、資料3をご覧ください。

 

(4)災害時における物資供給等の協力に関する協定の締結について

この協定は、市が行う災害応急対策や避難所生活等で必要となる物資について、市の要請に応じ、市内に店舗を有する全国展開している企業から店舗商品や在庫品等の供給を受けるため、「災害時における物資供給等の協力に関する協定」を締結するものです。

なお、本件については先月の記者会見でもご説明しており、既に「イオンビッグ株式会社」「株式会社カインズ」の2社と協定を締結しています。この度、新たに「NPO法人コメリ災害対策センター」と協定を締結します。

詳しくは、資料4をご覧ください。

 

(5)那須塩原市再生可能エネルギー発電設備の設置等に関するガイドラインについて

この度、再生可能エネルギー発電事業者による、適正な事業実施のための自主的な取組を促し、発電事業と地域との調和を図るために、ガイドラインを作成しました。このガイドラインは、国のガイドラインや県の指導指針を補完して有効活用するもので、出力10キロワット以上の発電設備が対象です。

詳しくは、資料5をご覧ください。

 

(6)平成29年那須塩原市観光客入り込み及び宿泊者数について

平成29年1年間の本市における状況がまとまりました。

まず、観光客入り込み数については935万5,910人で、前年と比較すると40万1,408人減少しており、対前年比で4.1%の減となっています。また、観光客宿泊者数につきましては95万7,208人で、前年と比較すると2万1,866人増加しており、対前年比で2.3%の増となっています。

入り込み数の減少の要因は、夏休みの時期の悪天候や紅葉時期の台風など天候の影響が大きいと考えられます。また、宿泊者数の増加については、これまで継続してきた観光プロモーションや、4月から6月に開催したプレディスティネーションキャンペーンの取り組みの効果などが考えられます。

なお、外国人宿泊者数については8,923人で、前年と比較すると699人減少しており、対前年比で7.3%の減となっています。

詳しくは、資料6をご覧ください。

 

(7)那須塩原市指定文化財の指定について

市教育委員会では、平成30年2月27日付けで新たに1件の市指定文化財を指定しました。今回の追加で市指定文化財は総数161件となり、市内の登録文化財を含めた国指定および県指定も含めた指定文化財総数は178件となりました。

今回指定されたのは、関谷地内にある「関谷の駐蹕碑(せきやのちゅうひつひ)」です。この石碑は大正天皇が明治35年から大正9年の間に塩原を訪れた際、当時の関谷小学校に立ち寄られたのを記念して建立されたもので、塩原と皇室との関わりの一端を窺うことができるものです。

詳しくは、資料7をご覧ください。

 

(8)ハロープラザ講演会「最後まで目一杯生きる」について

3月31日土曜日午後2時から、ハロープラザにて終活をテーマとした講演会を開催します。在宅緩和ケア医として、約1,400人を看取った経験を持つ、萬田緑平氏を講師に迎え、自分らしく生きるために、自分の最後のあり方を自分で決めた人とその家族たちについて、語っていただきます。

詳しくは、資料8をご覧ください。

 

(9)平成30年度那須塩原市開こん記念祭の開催について

4月13日金曜日、烏ヶ森公園において平成30年度那須塩原市開こん記念祭を開催します。この記念祭は、那須野が原を開拓した先人たちに感謝し、その開拓精神を後世に伝えることで、本市の更なる発展を願い毎年開催しているものです。式典には市内全小学校の6年生が参加を予定しており、ふるさとの歴史を学ぶ貴重な機会ともなっております。

詳しくは、資料9をご覧ください。

 

(10)平成29年度3月補正予算(追加)の概要について

今回の補正予算は、国の補正予算に伴い、農業用機械導入助成事業、小学校エアコン整備事業及び、小・中学校トイレ洋式化改修事業に必要な経費ついて予算措置を行うものです。

これにより、歳入歳出それぞれ4億3,388万2,000円を増額し、平成29年度那須塩原市一般会計歳入歳出予算総額を506億3,032万4,000円とするものです。また、これら歳入歳出予算補正のほか、4件の繰越明許費補正を行います。

詳しくは、資料10をご覧ください。

 

(11)生産性革命実現のための償却資産に係る固定資産税特例措置の導入について

この度、国は生産性向上特別措置法(仮称)を制定し、平成30年度から32年度の3年間を集中投資期間と位置づけ、中小企業の生産性革命実現のため、市区町村の認定を受けた中小企業の設備投資を固定資産税の新たな特例措置などにより、支援することとしております。本市においても、第2次総合計画に基づいた中小企業者の支援及び地域経済の活性化等に繋がると考えられるため、本制度を導入いたします。

詳しくは、資料11をご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部シティプロモーション課広報広聴係

電話番号:0287-62-7109

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?