注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 平成29年度記者会見 > 平成29年11月/市長定例記者会見

ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

平成29年11月/市長定例記者会見

11月定例記者会見の実施内容

日時・会場

平成29年11月9日(木曜日)午後2時30分から、那須塩原市役所3階303会議室

発表事項

(1)楽天ふるさと納税によるふるさと寄付の受付開始について

平成29年11月1日から、楽天株式会社の提供するふるさと納税ポータルサイト「楽天ふるさと納税」による、ふるさと寄附の受け付けを開始しました。

本市では、平成26年10月から株式会社さとふるのポータルサイトによるインターネット上での受け付けを開始したことで、平成28年度には、寄附件数1万2,124件、金額にして2億2,560万1,000円の受け入れがありました。それに加え、今回新たに寄附の受け付けを開始した楽天ふるさと納税は、インターネット通販サイトとして高い認知度のある楽天市場内で本市へのふるさと納税の申込みが可能になるため、申込件数の増加が見込まれます。

今後とも那須塩原市の認知度を高め、第二のふるさととして多くの皆様から応援いただくとともに、本市の特産品や生産品のPRにもつなげられるよう努めてまいります。

詳しくは、資料1をご覧ください。

 

(2)那須塩原市デートDV防止パンフレットの作成・配布について

デートDVとは、交際中のカップルなどの間で一方が他方に繰り返し行う暴力であり、中学生や高校生などの若年層にも起こりうる問題です。この度、デートDVを防止するための啓発として、県男女共同参画地域推進員那須塩原市連絡会の協力によりパンフレットを作成しました。このパンレットは11月から市内の中学生や高校生等に配布を行う予定です。

詳しくは、資料2をご覧ください。

 

(3)平成29年度那須塩原市消防団通常点検について

消防団員の士気高揚を図るとともに、火災や災害に常に万全な態勢で対応できるようにするため、那須塩原市消防団通常点検を11月19日の日曜日、くろいそ運動場で実施します。なお、今年の4月1日に黒磯・西那須野・塩原の各消防団が那須塩原市消防団として統合されましたが、今回は全団員を対象に実施する初めての通常点検となります。

詳しくは、資料3をご覧ください。

 

(4)平成29年度9月補正予算(専決処分)の概要について

今回の補正予算は、衆議院の解散に伴う第48回衆議院議員総選挙に必要な経費について予算措置を行ったもので、歳入歳出にそれぞれ4,866万5,000円を追加したものです。

詳しくは、資料4をご覧ください。

 

(5)平成29年度12月補正予算の概要について

今回の補正予算は、職員の人事異動に伴う人件費の過不足調整のほか、年度内に不足する経費の追加等、喫緊の政策課題に対応するために必要な経費について予算措置を行うものです。

これにより、歳入歳出にそれぞれ7億5,024万1,000円を追加し、平成29年度那須塩原市一般会計歳入歳出予算総額を503億9,324万1,000円とするものです。

また、これら歳入歳出予算補正のほか、9件の債務負担行為補正を行います。

詳しくは、資料5をご覧ください。

 

(6)中・長期財政の見通し(平成30~38年度)について

中・長期財政の見通しは、第2次那須塩原市総合計画期間である今後9年間の財政収支を推計し、中・長期的な視点から、財政に係る課題を把握するとともに、今後の歳入・歳出フレーム、方向性を財政的な側面から見出すために作成したものです。

推計は、基礎的な市債の発行額別に、「財政健全化重視型シナリオ」、「中間型シナリオ」、「積極的投資型シナリオ」の3つパターン分けした上で、それぞれのシナリオごとに「第2期最終処分場整備事業」、「新庁舎整備事業」、「那須塩原クリーンセンター基幹改修事業」の大型プロジェクトを別途加算し、機械的にシミュレーションを行いました。

今後の方向性として、財政面からは財政の持続可能性を維持しつつ、市民生活を支える公共施設・インフラの整備・更新等にも配慮した「中間型シナリオ」の財政フレームを上限としました。また、投資的経費以外にも多様化する市民ニーズに適切に対応するため、自主財源の確保、事業についてはスクラップアンドビルドを推進や、既存事業の見直しを行うなどの経営努力により、財源を生み出すことが必要であると考えております。

詳しくは、資料6をご覧ください。

 

(7)平成30年度当初予算編成方針について

第2次那須塩原市総合計画前期基本計画が2年目を迎える平成30年度の当初予算編成に当たっては、「市民優先」の基本姿勢のもと、これまで以上に必要性や有効性、費用対効果の視点から事業を選択してまいります。

また、前期基本計画に重点プロジェクトと位置付けた、地域力の向上、魅力の創出、未来力の育成、都市力の成長に係る施策について、基金と市債を効果的に活用しつつ、未来に向けた投資を集中的に行い、事業の早期完了、成長力の確保、市民生活の安心・安全の向上を目指し、事務事業推進のキーワードを「選択と集中」としました。

併せて、中・長期的な展望に立ち、財政の健全化と持続性を維持していくため、これまで進めてきた行財政改革を一層推進するとともに、財源配分の効率化を図ってまいります。

詳しくは、資料7をご覧ください。

 

(8)財産の取得について

今年度、本市は那須塩原市企業立地促進条例を制定し、奨励金制度による企業立地促進に取り組んでおりますが、新たな用地取得を希望する企業に紹介できる産業用地を有しておりません。そこで、本市への企業立地を促進し、市民の雇用機会の拡大と地域産業の振興を図るため、高林地内の土地を新たに取得し、産業用地として活用いたします。

詳しくは、資料8をご覧ください。

 

(9)グローバルリーダー養成講座について

本市では、国際社会に貢献できる青少年の育成を目指して、これまでに463名の中学生をオーストリアに派遣してきました。これをさらに発展させ、中高連携を視野に入れながら、国際化が進展する社会で生きるために優れた指導力を兼ね備えたリーダーを育成するための講座を開催します。なお、この講座は中学生海外派遣事業に参加した生徒を対象として実施するもので、今回は平成26年度から29年度に参加した148名に対して募集を行ったところです。

詳しくは、資料9をご覧ください。

 

(10)那須塩原市スポーツ交流大会の開催について

この度、本市出身で本市のまちづくり大使に就任を予定している、リオ・パラリンピック車いすテニス男子ダブルス第4位の眞田卓選手をお招きして、講演会と小中学生を対象とした車いすテニスの体験教室を、12月16日の土曜日、午前9時30分から、にしなすの運動公園体育館で開催します。この催しを通じて、障害者スポーツへの理解が深まることを期待しております。

詳しくは、資料10をご覧ください。

 

(11)くろいそオペラをつくる会設立20周年記念オペラ「那須野巻狩り」の公演について

12月17日の日曜日、午後2時から黒磯文化会館にて、くろいそオペラをつくる会の第17回オペラ公演を行います。なお、今回はくろいそオペラをつくる会の設立20周年の記念公演でもあります。

くろいそオペラをつくる会は、平成7年の国民文化祭で旧黒磯市がオペラ会場となったことを契機として、平成9年に設立され、様々な演目を上演してきました。今年上演される演目は、那須野が原で行われた巻狩りをモチーフとした「那須野巻狩り」です。市民がつくり上げた舞台をぜひご覧ください。

詳しくは、資料11をご覧ください。

 

(12)ふるさとの音楽家派遣事業「那須野が原博物館クリスマスコンサート」の開催について

この度、那須野が原博物館のエントランスホールを会場として、市内で活動している音楽家による無料のクリスマスコンサートを12月9日の土曜日午後6時30分から開催します。また、コンサートの休憩時間には、博物館の企画展を無料で開放いたします。

詳しくは、資料12をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部シティプロモーション課広報広聴係

電話番号:0287-62-7109

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?