注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 平成29年度記者会見 > 平成29年5月/市長定例記者会見

ここから本文です。

更新日:2017年5月17日

平成29年5月/市長定例記者会見

5月定例記者会見の実施内容

日時・会場

平成29年5月17日(水曜日)午後2時30分から、那須塩原市役所3階303会議室

発表事項

(1)平成28年度「那須塩原市ふるさと寄付金」の受け入れ実績について

平成28年度の那須塩原市ふるさと寄附金の受入実績をご報告します。

受入件数は1万2,124件、寄付金額は2億2,560万1,000円となっております。なお、国での集計はこれからとなりますが、件数・寄付金額ともに県内では本市が1位となる見込みであると、伺っております。

この度、本市に御寄附いただいた全国の皆様には、厚く御礼申し上げます。御寄附いただいた寄附金については、本市のまちづくりに活用させていただきます。

詳しくは、資料1をご覧ください。

 

(2)移住・定住促進に向けた各種ガイドブックの配布について

この度、本市への移住・定住を促進するため、4種類のPR用ガイドブックを作成しました。これらのガイドブックは、本市に住む魅力、本市で働く魅力、本市の子育て支援策を知っていただくために、主に東京圏や市内で行う移住・定住促進イベントにて来場者にPRしてまいります。

詳しくは、資料2をご覧ください。

 

(3)平成29年度全国広報コンクールにおける受賞について

この度、日本広報協会が主催し、地方自治体の広報力を競う「平成29年全国広報コンクール」のウェブサイト(市部門)において、全国から105作品がエントリーする中、昨年12月にリニューアルした本市の公式ホームページが入選しました。また、本市は昨年のコンクールにおいて、広報写真(一枚写真部門)で入選しており、部門は違いますが2年連続の入選となりました。

詳しくは、資料3をご覧ください。

 

(4)那須塩原市結婚サポートセンターの開設について

本市は昨年度、那須塩原市結婚サポート総合戦略を策定しました。今後この戦略に基づいて各種結婚支援対策にあたり、その推進拠点となる那須塩原市結婚サポートセンターを、7月6日、企画部市民協働推進課に開設します。センターでは、結婚に関する相談の対応や、結婚を希望する男女への出会いの機会の提供など、様々な結婚施策を行ってまいります。

詳しくは、資料4をご覧ください。

 

(5)那須塩原市住宅除染事業における数量等の誤りについて

平成24・25・26年度に実施した住宅除染において、除去土壌を保管する保管穴の寸法誤りなど、5,818件の数量計算誤りが確認され、国(環境省及び総務省)に1億3,849万8,600円を返還することとしました。

詳しくは、資料5をご覧ください。

 

(6)平成29年度6月補正予算の概要について

今回の補正は、国の補助決定に伴う経費を追加するほか、喫緊の政策課題に対応するために必要な経費について、予算措置を行うものです。これにより、歳入歳出それぞれ2,642万8,000円を追加し、平成29年度那須塩原市一般会計歳入歳出予算総額を484億9,642万8,000円とするものです。

詳しくは、資料6をご覧ください。

 

(7)特殊詐欺撃退機器貸与事業について

近頃では、日中家にいる高齢者を狙った電話による特殊詐欺などの被害が市内でも発生しています。被害を防止するためには、特殊詐欺撃退機器となる通話録音装置の設置が非常に有効です。このため、市では希望する高齢者に対し、機器を1年間無償で貸与いたします。

詳しくは、資料7をご覧ください。

 

(8)運転免許証自主返納者支援事業について

本市では、高齢者をはじめとした運転に不安を感じている方の運転免許証の自主的な返納を支援する事業に取り組みます。全ての運転免許証を返納した方に対して、市内を発着するバスやタクシーの料金支払い時に使用できる共通乗車券20,800円分を、7月18日から交付いたします。

詳しくは、資料8をご覧ください。

 

(9)プール事故を踏まえた今後の市における事故防止の取り組みについて

市では、昨年発生した認定子ども園でのプール事故を踏まえ、今後、プール事故も含め、事故の再発防止のための取り組みを行います。公立や私立、認可外を含むすべての保育施設等の職員に対し、職員の資質向上に向け、事故防止に関する研修会や普通救命講習会を実施してまいります。

詳しくは、資料9をご覧ください。

 

(10)那須塩原市空き家等対策計画の策定について

全国的な人口減少や少子高齢化の進行に伴い、空き家等は一層増加すると見込まれ、特に適正に管理が行われていない空き家等が問題となっています。この計画は、空き家等の適正管理や利活用の促進などの様々な施策を総合的かつ計画的に実施するために策定するもので、計画の期間は平成29年から30年までの10年間、本市全域を対象としたものです。

詳しくは、資料10をご覧ください。

 

(11)平成29年度中学生海外交流事業「ホームステイ受け入れ事業」について

この事業は、姉妹都市であるオーストリアのリンツ市にあるインターナショナルスクールの生徒と、本市の中学生を相互に派遣することにより、本市中学生の異文化理解を深め、将来国際社会で貢献できる人材の育成を目指すものです。この度、5月20日から27日にかけて、オーストリアから22名の生徒が本市を訪れ、ホームステイを行います。滞在期間中は、英語教室推進室公式フェイスブックを活用して、研修の様子を発信します。

詳しくは、資料11をご覧ください。

 

(12)ふるさとの音楽家派遣事業「青木邸ジャズコンサート」について

6月3日土曜日の午後4時から、旧青木家那須別邸の前庭を会場として、本市で活動している音楽家による、入場無料のジャズコンサートを開催します。また、コンサートの休憩時間には、旧青木家那須別邸を無料開放いたします。

詳しくは、資料12をご覧ください。

 

(13)那須塩原市スポーツボランティア制度について

この度、本市では市民のスポーツイベント運営への積極的な参加を促すため、スポーツボランティア制度を新たに開始しました。ボランティアとして登録いただいた方々には、指定されたスポーツイベントの運営に協力をいただくことになります。

詳しくは、資料13をご覧ください。

 

(14)後期高齢者医療保険料及び国民健康保険税の軽減判定の誤りについて

この度、後期高齢者医療保険料及び国民健康保険税の算定に際し、一部の被保険者について軽減判定に誤りがあることが判明しました。

まず、後期高齢者医療保険料ですが、後期高齢者医療の賦課決定は各都道府県の後期高齢者医療広域連合が、国が指定したシステムを使用して算定しており、このシステムの保険料軽減判定の設定に誤りがあり、一部の被保険者に誤った金額で保険料が賦課されていたものです。本件については、後期高齢者医療広域連合が対象者の抽出・軽減額の算定等の精査を行い、5月31日を納期限として通知をいたしました。

また、国民健康保険税についても、軽減判定は後期高齢者医療保険料と同じ計算式を用いているため、国民健康保険税のシステムを調査したところ、後期高齢者医療保険料と同様の誤りがありました。国民健康保険税の軽減額については現在精査中のため、額が確定次第、対象者に説明等を行う予定です。

今回の事案に対し、心よりお詫び申し上げますとともに、今後はこのようなことが無いよう、処理及び確認作業の徹底を図ってまいります。

詳しくは、資料14をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部シティプロモーション課広報広聴係

電話番号:0287-62-7109

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?