現在位置 : 那須塩原市トップページ暮らしのガイド文化財史跡 › 黒瀧山大日尊


ここから本文です。

黒瀧山大日尊

更新日 平成25年7月8日

名称
黒瀧山大日尊(くろたきさんだいにちそん)
指定年月日
平成6年2月18日
員数
1
指定別
市指定
種別
記念物
区分
史跡
所在地
鴫内1,560-2
所有者
鴫内・湯宮(ゆぐう)・木綿畑本田・木綿畑新田行政区

黒瀧山大日尊
黒瀧山大日尊

黒瀧山大日尊は黒滝山信仰の一の木戸として寛政4年(1792)12月に建立された。黒瀧山信仰は鴫内の成沢から大蛇尾川を上り、黒滝山(1,727m)頂上までの24札所を参詣する山岳信仰である。

山岳信仰とは、深山の巨岩や滝などの自然物を神仏に見立て五穀豊穣や家内安全などを祈願するもので、黒滝山信仰は江戸時代の中頃、白湯山信仰(「はくとうさん」とも言う)から分離したものである。文化文政年間(1804~1829)頃が最も盛んであった。

文政11年(1828)8月8日に建立された石燈籠には、遠くは宇都宮・白河・水戸・川越・仙台からの寄進者名が記されている。参詣者は入山3日前から大日尊の堂に籠もり、心身を清め、白装束で六根清浄を唱えながら参詣した。この信仰は明治時代末期頃まで盛んであったが、大正時代から徐々に衰え、昭和に入ると参詣者は断絶した。しかし、近年地元有志によって参詣登山が復活した。

このページに関するお問い合わせ

教育部 生涯学習課 文化振興係
電話:0287-37-5419 ファクス:0287-37-5479
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ページの先頭へ