注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > レジャー・スポーツ > 東京2020オリンピック・パラリンピック > 東京2020ホストタウン事業オーストリア×那須塩原市

ここから本文です。

更新日:2020年9月7日

東京2020ホストタウン事業オーストリア×那須塩原市

オーストリアパラアスリートとオンライン交流会を開催いたしました。

ホストタウン相手国であるオーストリアのパラ水泳選手、アンドレアス・オネア選手と那須塩原市立東那須野中学校の生徒が令和2年8月25日(火曜日)にオンラインで交流会を開催しました。オネア選手はパラリンピック・リオデジャネイロ大会の平泳ぎの銅メダリストで、昨年は事前キャンプ視察のため本市を訪問しました。

オンライン交流会当日は、中学生の進行で橋本聖子大臣(東京オリンピック・パラリンピック担当大臣)や渡辺市長も参加し、英語で交流会を行いました。生徒からは学校紹介の後、オネア選手や橋本大臣への質問を行い、生徒から「障害を乗り越えるために励みになったことや、大会の延期によりモチベーションをどのように保つか」の質問に対し、オネア選手は「挫折を経験しても、あきらめないで続けることの大切さや、大会延期をチャンスととらえ、練習に取り組みたい」と答えました。オネア選手からは自己紹介や、生徒や橋本大臣に対しての質問があり、橋本大臣には「オリンピック・パラリンピック開催について、特にパラリンピックについての期待」を質問しました。橋本大臣は「パラリンピック選手の活躍は、人々に感動と勇気をもたらし、障碍者の自立や社会参加を促し、バリアフリー化が進む機会となる」と力強く答えました。交流会では、全校生徒がオンライン参加し、オネア選手の言葉に真剣に耳を傾けていました。また、オネア選手や橋本大臣、渡辺市長も生徒の英語力の高さに感動していました。終始笑顔を絶やさないオネア選手とは、今後も継続して交流していきます。

今後も複数のパラ競技選手と児童生徒との交流を計画しており、オリンピック・パラリンピック大会を盛り上げていきます。

※東那須野中学校オンライン交流会場の様子

東那須野中学校オンライン交流会場の様子

※アンドレアス・オネア選手の様子

アンドレアス・オネア選手の様子

※橋本大臣の様子

橋本大臣の様子

※東那須野中学校教室の様子

東那須野中学校教室の様子

お問い合わせ

所属課室:教育部スポーツ振興課 

電話番号:0287-37-5439

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?