注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 文化・スポーツ > 生涯学習 > 地域学校協働本部

ここから本文です。

地域学校協働本部

地域学校協働本部推進事業が始まりました

本年度から、市では未来を担う子どもたちを地域全体で育てていこうとする目的で、「地域学校協働本部推進事業」を開始しました。

子どもが地域で生き生きと活動することは、地域の活性化にもつながります。地域や学校で、子どもと大人の交流が盛んな地域づくりを目指し、「地域の宝」である子どもの健やかな成長を願い、地域と学校が一体となって本事業を推進していきます。

地域と共にある学校を目指して

「地域学校協働本部」が必要とされるわけ

子どもの教育は学校だけでなく、「社会総がかり」で子どもの成長を育む体制づくりが必要です。この体制とは、地域と学校が連携・協働して地域全体で子どもの成長を支える仕組みを指しています。

そこで、本市では、従来行われてきた地域と学校の連携体制を継承しつつ、より多くの大人が子どもと関わる「地域学校協働本部」を開始し、昨年度は3地区のモデル地区を選定し、今年度からの本格実施に向けて準備を進めてきました。

本市の目指す地域学校協働本部推進事業

従来行われてきた地域での取組を継承し、地域全体で子どもを育てることにより、大人も学び、地域を活性化する考え方に基づき、事業を推進していきます。

基本目標

(1)学校と地域、地域と地域のコーディネート機能の充実

地域の皆さんや学校関係者との連絡調整、地域ボランティアの確保が必要となります。そのため、地域と学校の橋渡しの役割を担う「地域学校協働活動推進員」の発掘・養成を推進します。

(2)地域の特性を生かした多様な活動の推進

これまで各地域で取り組まれてきた内容を継承し、地域と学校のパートナーシップに基づく双方向の「連携・協働」を目指していきます。これは、地域と学校が互いの役割を認識し、共通の目標に向かい対等な立場で共に活動することです。

(3)継続的な活動が可能な組織づくり

中学校区で開催する本部会議を中心に、より多くの地域の皆さんや団体の協力を得て事業が推進できるような仕組みを作っていきます。地域や学校の実状や特色、これまでの取組を踏まえ事業を推進することで、地域の教育力の充実や地域活性化を目指していきます。

(4)大人と子どもの交流が盛んな地域づくり

現在学校で行われている学校支援の活動にとどまることなく、子どもが地域のイベントに参加し地域の大人と交流を図ります。子どもと大人が学校や地域でともに触れ合い、学び合う活動を通して地域の活性化を目指します。

本部の設置エリア

市内の中学校区を一つのエリアとします。平成29年度から平成33年度までの5年間をかけて、市内10地区の本部を設置します。また、各地区の公民館を事務局とします。

  1. 黒磯中学校本部
  2. 黒磯北中学校本部
  3. 厚崎中学校本部
  4. 日新中学校本部
  5. 東那須野中学校本部
  6. 高林中学校本部
  7. 西那須野中学校本部
  8. 三島中学校本部
  9. 箒根中学校本部
  10. 塩原小中学校本部

平成30年度は、「黒磯北中学校本部」「三島中学校本部」「塩原小中学校本部」が立ち上がりました。さらに、今年度は、平成31年度本部立ち上げに向けて、新たに3地区の準備を進める予定になっています。

平成30年度 第1回本部会議

昨年度からモデル地区として準備を進めてきた、「黒磯北中学校本部」「三島中学校本部」「塩原小中学校本部」の第1回本部会議がそれぞれ開催されました。

会議では、学校区ごとの事業、中学校区全体での事業についての活発な意見交換がなされました。地域と学校、双方向の関係がより深まっていくよう、今後の継続した取り組みが期待されます。

 

黒磯北中学校本部

黒磯北中学校本部

5月16日開催(稲村公民館)

三島中学校本部会議

三島中本部

5月30日開催(三島公民館)

塩原小中学校本部

塩原小中本部

6月20日開催(塩原小中学校)

 

地域学校協働活動推進員

地域と学校をコーディネートする「地域学校協働活動推進員」のみなさんです。推進員は、「学校支援ボランティアをつなぐ」、「地域の個人や団体をつなぐ」という役割が期待されています。子どもたちが「学校」や「地域」で様々な人たちと交流できるようにコーディネートしていただきます。

 

H30推進員

教育長より、推進員7名に委嘱状が渡されました。

推進員の皆さんには、これまで4回の養成講座で、「地域と学校の連携・協働の必要性」「学校や地域のコーディネートの手法」などを研修を通して学んでいただきました。

【前列左より】矢板展美さん、金沢久美子さん、西田由記子さん
【後列左より】大宮司教育長、松本忠太さん、遅澤一彦さん、平山悟さん、高根沢満さん

 

「地域と学校」の連携の様子

黒磯北中学校区

運動会1 運動会2 運動会3

5月27日(日曜日)開催の東原地区コミュニティ運動会で、黒磯北中学校の生徒がボランティアとして参加し、運営の協力をしました。

 

三島中学校区

花いっぱい1 花いっぱい2 花いっぱい3

6月13日(水曜日)三島中学校区で「花いっぱい運動」が行われました。
三島中学校の2年生が、三島小学校・槻沢小学校・西小学校を訪問し、地域の方とともにプランターへ花を植えました。
プランターは地域の方が公民館や学校へ運んでくださいました。

 

塩原小中学校区

箒川リフレッシュ1 箒川リフレッシュ2 箒川リフレッシュ3

7月11日(水曜日)塩原地区の幼小中合同河川奉仕活動「箒川リフレッシュ大作戦」が実施されました。
地域の方や地元の消防団の協力のもと、マスつかみや川遊びの体験も行われました。

 

地域学校協働本部推進事業に関するQ&A

Q 地域学校協働本部ってなに?

  • 地域と学校の連携体制を基盤とし、幅広い層の地域住民、団体が参画し、緩やかなネットワークを形成し地域学校協働活動を推進する体制のことです。本市で進める小中一貫教育を踏まえ、子どもたちの発達段階に応じた体験活動が地域で取り組まれることで、地域全体で子どもたちを育てていく気運の醸成を目指していきます。さらに、子どもたちが将来にわたり自ら学び続け、身に付けた知識や技能を社会や生活で活用できる地域づくりを目指していきます。

Q 地域学校協働本部はどんな活動をするの?

  • これまで公民館と学校の連携を中心に行ってきた学社連携・融合事業を基本として、地域で子どもを育てることで大人も学ぶ、子どもと大人の交流が活性化する、地域全体で子どもを育てていく気運の醸成をめざし地域づくりを行っていきます。

Q 地域学校協働本部のメンバーは?

  • 学校からは、小中学校・義務教育学校の代表者、地域連携教員やPTAの代表者など。地域からはコミュニティの代表者及び地域学校協働活動推進員です。そのほか公民館長がメンバーになっています。

Q 今まで行ってきた地域と学校の連携と何がちがうのですか?

  • これまで、それぞれの小学校区、コミュニティ、公民館単位で行ってきた連携事業の範囲を中学校区まで広げて、広域での連携融合事業の拡充を目指します。

Q 地域(コミュニティ)では、十分に学校行事に協力しているし、子どもの見守りにも努力していると思いますが、これ以上何をするのですか?

  • 活動の内容の違いではなく、これまでの、地域が学校を「応援・支援」するという関係から、「地域の子どもたちを地域と学校が一体となって育てていく」という視点で、地域と学校が教育目標を共有し、地域と学校がパートナーシップに基づき、双方向の関係で行っていこうというものです。既存事業は、継続して実施していただき、今後、新規事業等が立案された際には、改めて御協力をお願いしたいと考えております。

Q 地域(コミュニティ)と学校が関係していれば、すべて地域学校協働本部事業になっていくのですか?

  • 地域と学校の共催事業は、今後本部事業という扱いになっていく見込みです。

Q 地域学校協働本部の情報はどこで得られますか?

  • 市のホームページ、地域(コミュニティ)の広報誌などで情報を発信していきます。


 

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課生涯学習係

電話番号:0287-37-5364

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?