注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 文化・スポーツ > 生涯学習 > 家庭教育と親学習

ここから本文です。

更新日:2017年6月22日

家庭教育と親学習

家庭教育とは

家庭は、乳幼児期における親子のきずなの形成から始まる、家族とのふれあいを通じ、「生きる力」の基礎的な資質や能力を育成する教育力を持つもので、すべての教育の出発点です。子どもの心身の成長に重要な役割を果たす家庭での教育(家庭教育)を支援するため、那須塩原市では体制の充実や啓発活動、学習機会の提供などを行っています。

家庭教育、こんなことをやっています。

「家庭教育」といっても、どんなものかピンとこない方も多いはず。

どのようなことをしているか紹介します。

「親学習プログラム」の実施

子どもの理解や接し方、親子のコミュニケーション等、子育てに必要な知識やスキルについて、保護者同士が身近なエピソードやワークをとおして話し合いながら主体的に学ぶ、参加型の学習プログラムです。

決まった答えがあるわけではなく、無理に答えを出すこともありません。参加者同士のおしゃべりの中で、自分自身の考えを整理したり、新しい何かに気づいたりする「きっかけ」を目指しています。

こんなことをやっています「母親学級時の親学習」

母親学級時の親学習

保健センターで行った母親学級の様子

健康増進課で妊婦さんを対象に実施している「母親学級」の中で、生涯学習課の親学習を実施しています。妊婦さんとその家族、という同じ条件にある方同士でワークショップを行い、パートナーと互いに協力することや、生活リズムなど、赤ちゃんが生まれた後の生活についてもイメージしていただきます。

「母親学級」という名称ですが、最近はパートナーとの参加も多くなっています。

こんなことをやっています「就学時健康診断時親学習」

就学時健康診断時親学習

就学時健康診断時親学習の様子

毎年、10月から11月にかけて行われている、新入学児童を対象とした「就学時健康診断」の待ち時間を頂いて親学習を実施しています。市内全会場を対象としており、全体で1,000名以上の保護者の方にご参加いただいています。

こんなことをやっています「出前講座による親学習」

生涯学習課では、上記の母親学級、就学時健康診断時親学習の他にも、出前講座として親学習プログラムを実施しています。

幼稚園・保育園に通うお子さんを持つ保護者の方や、小中学校のPTAの保護者の方、職員研修などでご利用いただいています。

内容についてのご相談など、お気軽に生涯学習課までお問い合わせください。

(注)親学習以外にも、那須塩原市ではたくさんの出前講座を実施しています。
詳しくは下のリンクから「那須塩原市生涯学習出前講座」のページをご覧ください。

こんなことをやっています「家庭教育支援事業」

市内の公民館では、小中学校やPTAと連携を取りながら「家庭教育学級」を実施しています。
それぞれの家庭教育学級で、独自の内容を実施しています。詳しくは学校をとおして配布される通知や公民館にご確認ください。

また、家庭教育学級以外にも、公民館ごとに様々な講座を実施しています。詳しくは各公民館が発行している公民館だよりや講座案内チラシなどをご覧ください。

こんなことをやっています「教育講演会」

家庭教育支援事業としてPTAとの共催事業を行ったり、家庭教育学級を中心として各種家庭教育に関する講座を開設したりと、家庭教育力の向上を目指しております。

その中で、多くの保護者へ講座を提供するために市PTA連絡協議会と共催で年に1回、教育講演会を開催しています。

家庭教育インフォメーションの提供

那須塩原市の子育て支援に関する情報を1冊にした「パパママサポートブック」を母親学級での親学習プログラム時にお渡ししています。
同じもののPDFファイルをダウンロードできますので、どうぞご活用ください。

栃木県教育委員会の「那須教育事務所」でも、家庭教育の情報提供、出前講座などを実施されています。

詳しくは、以下のリンクから、那須教育事務所 ふれあい学習課のページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課 

電話番号:0287-37-5364

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?