注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 文化・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 史跡 > 木の俣地蔵

ここから本文です。

更新日:2013年7月9日

木の俣地蔵

名称

木の俣地蔵

指定年月日

昭和44年(西暦1969年)1月1日

員数

1

指定別

市指定

種別

記念物

区分

史跡

所在地

百村(もむら)(深山(みやま))

所有者

東福寺

地図リンク

木の俣地蔵

木の俣地蔵

板室街道から深山ダムに向かう道路左側、林道を170メートル程入った場所に樹齢500年といわれる桂の木があり、その根元に木の俣地蔵が安置されている。

平安中期の武将安倍貞任が、守り本尊である地蔵尊を桂の木に置いて戦に出たため、源頼義との一戦に敗れたという伝説が残る。また、会津の農民が林の中にこの尊像を見つけ密かに持ち去ったが、毎夜「きのまたこいし きのまたこいし」と泣くので、仏罰を恐れてまた元の桂の木に安置したとの言い伝えも残されている。

木の俣地蔵より30メートルほど進むと地蔵堂があり現在7体の地蔵尊(石仏)が安置されている。現在の地蔵堂は昭和58年(1983)に再建された。かつては子育て地蔵として多くの参詣人を集め、堂前の石燈籠は享保4年(1709)奉納とあることから、当時より厚く崇敬を集めていたことがうかがえる。

木の俣地蔵が安置される桂の木は、「木の俣地蔵のかつら」として「とちぎ名木百選」にも選ばれた。根元が枯れて空洞となっているが、平成9年(1997)より樹勢回復施術が行なわれている。

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?