注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 文化・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 県指定 > 乃木希典那須野旧宅

ここから本文です。

更新日:2017年5月31日

乃木希典那須野旧宅

乃木将軍として今でも親しまれている乃木希典は、明治24年(1891)、石林の地に約14ヘクタールの土地を求め、静子夫人の叔父(旧薩摩藩士・吉田清皎)が所有してい土地と家屋を譲り受けた。

当初は住宅1棟と納屋があったが、同25年(1892)、乃木将軍は自ら設計して農家風の質素な別邸を建てた。栗の木の板を小さく切って重ねた栗小羽葺き(後に瓦)平屋で、延べ面は約189平方メートルであるが、この建物は間取り寸法を関西間風で建てられているため、それによる建坪は53坪で、関東間に換算すると約57坪となる。土間と囲炉裏があり、畳の部屋は8畳間が3つ、6畳間が変形6畳を含めて3つ、その他物置場・屋根裏部屋等がある。

乃木将軍は生涯に4度の休職をしたが、別邸を建ててからは休職中(のべ48か月)の多くをこの別邸で過ごし、晴耕雨読の生活を送り、村人とも親しく交わったという。別邸は平成2年(1990)に焼失し、同5年(1993)3月に復元された。

乃木希典那須野旧宅(のぎまれすけなすのきゅうたく)

 

 

 

 

 

 

 

名称

乃木希典那須野旧宅

指定年月日

昭和41年3月18日

指定別

県指定

区分

記念物

種別

史跡

所在地

石林820

所有者

乃木神社

見学にあたって

見学は無料(内部公開は行っておりません)。乃木神社の方に駐車場あり。

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?