注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 上下水道 > 水道 > 市民の方へ > 感染症予防と合わせて、熱中症予防に水道水を飲みましょう

ここから本文です。

更新日:2020年6月2日

感染症予防と合わせて、熱中症予防に水道水を飲みましょう

熱中症に注意

新型コロナウイルス感染症予防のため、「新しい生活様式」の実践によりマスクを着用する機会が多くなっています。マスクを着けていると、体内の熱がこもりやすくなり、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。

熱中症は気温の上昇に体が慣れていない梅雨の時期から起こり、これによる死亡者や救急搬送人員数は、年々増加傾向にあります。

 

熱中症予防に水道水でこまめな水分補給を

水分の摂取量が少ないと、熱中症のリスクが高くなります。

人間は1日に2.5リットルの水を摂取する必要がありますが、日本人は平均的に水分摂取量が少ないと言われています。特に汗を多くかく夏の時期は、気づかないうちに脱水症状や熱中症になってしまう危険があります。

のどの渇きを感じる前に、水道水でこまめに水分補給をして熱中症を予防しましょう。

 

 

お問い合わせ

所属課室:上下水道部管理課経営企画係

電話番号:0287-37-5109

ファックス番号:0287-36-2298

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?