注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 防災・防犯 > 放射能対策本部 > 放射線量等測定結果 > 下水・浄水・水道水に係る測定の結果 > 環境放射能水準調査結果(原水・水道水)について

ここから本文です。

更新日:2018年8月22日

環境放射能水準調査結果(原水・水道水)について

原水(水道水の原料になる河川水等)及び水道水(原水をろ過したり、消毒したりした清浄な水)の放射能測定を行っております。那須塩原市ではこれまで放射性物質を検出していません。

モニタリング頻度につきまして、
原水については、鳥野目浄水場、千本松浄水場、穴沢浄水場、要害浄水場、蟇沼浄水場、宇都野ポンプ室の6箇所で月1回の測定を行っております。
水道水については、表流水及び浅井戸を水源とする鳥野目浄水場、千本松浄水場、穴沢浄水場、要害浄水場、蟇沼浄水場、宇都野配水池の6箇所及び、深井戸及び湧水を水源とする大貫金沢水源地、金沢下配水池、関谷配水池、新湯配水池、中山配水場、板室本村高区配水池、赤坂水源地の7箇所で月1回の測定で行っております。

水道水中の放射性物質に係る管理目標値の設定等について(新しいウィンドウで開きます)(外部サイトへリンク)

平成30年8月6日・7日・8日採水分原水

平成30年8月6日・7日・8日採水分原水について、放射性物質は検出されませんでした。

平成30年8月6日・7日・8日採水分原水

採水場所

放射性セシウムCs-134

放射性セシウムCs-137

水源

穴沢浄水場(百村)

検出されず

検出されず

木の俣川

鳥野目浄水場
(東原)

検出されず

検出されず

那珂川

千本松浄水場
(千本松)

検出されず

検出されず

那珂川

蟇沼浄水場
(蟇沼)

検出されず

検出されず

蛇尾川

宇都野ポンプ室
(宇都野)

検出されず

検出されず

浅井戸

要害浄水場
(上塩原)

検出されず

検出されず

箒川系ウトウ沢

(注)「検出されず」とは分析可能な下限値未満の数値。測定条件により異なるが、放射性ヨウ素は1キログラムあたり1.0ベクレル未満、放射性セシウムは1キログラムあたり1.0ベクレル未満

  • 分析機関:株式会社江東微生物研究所(茨城県つくば市上横場455番地1)
  • 計測機器:ゲルマニウム半導体検出器

過去の検査結果

平成30年8月6日・7日・8日採水分水道水

平成30年7月8月6日・7日・8日採水分の水道水について、放射性物質は検出されませんでした。

平成30年7月8月6日・7日・8日採水分水道水

採水場所

放射性セシウムCs-134

放射性セシウムCs-137

水源

穴沢浄水場(百村) 検出されず 検出されず 木の俣川

鳥野目浄水場
(東原)

検出されず

検出されず

那珂川

千本松浄水場
(千本松)

検出されず

検出されず

那珂川

蟇沼浄水場
(蟇沼)

検出されず

検出されず

蛇尾川

宇都野配水池
(宇都野)

検出されず

検出されず

浅井戸

要害浄水場
(上塩原)

検出されず

検出されず

箒川系ウトウ沢

板室本村高区配水池

(板室)

検出されず 検出されず 湧水

関谷配水池

(関谷)

検出されず 検出されず 湧水

大貫金沢水源地

(下田野)

検出されず 検出されず 深井戸

金沢下配水池

(金沢)

検出されず 検出されず 湧水

中山配水場

(上塩原)

検出されず 検出されず 湧水

新湯配水池

(湯本塩原)

検出されず 検出されず 湧水

赤坂水源地

(越堀)

検出されず 検出されず 深井戸

(注)「検出されず」とは分析可能な下限値未満の数値。測定条件により異なるが、放射性セシウムは1キログラムあたり1.0ベクレル未満

  • 分析機関:株式会社江東微生物研究所(茨城県つくば市上横場455番地1)
  • 計測機器:ゲルマニウム半導体検出器
  • 放射性セシウム(Cs-134,Cs-137の合計)の基準値は1キログラムあたり10ベクレル。
  • セシウム134及びセシウム137それぞれについて、検出限界値1キログラムあたり1.0ベクレル以下を確保することを目標としています。

過去の検査結果

 

栃木県内の水道水及び水道原水調査結果

栃木県内の水質の管理及び状況(新しいウィンドウで開きます)(外部サイトへリンク)

那須塩原市の採水場所

採水場所のイラスト

水道水中の放射性物質に係る管理目標値の設定等について(平成24年3月5日付け健水発0305第2号)

(1)モニタリングの方法

放射性セシウム(セシウム134及び137)を対象項目とする。

(2)検査頻度

水道水による放射性物質の年間被ばく量を把握する上で必要な頻度として、原則1ヶ月に1回以上検査を行う。
ただし、表流水及び表流水の影響を受ける地下水を利用する水道事業者等に関しては、降雨、雪解け等の高濁度時における十分な情報が収集されるまでの間は、地方公共団体、水道事業者等の検査体制に応じて、1週間に1回以上を目途に検査し、水道原水の濁度が高い時期の水道原水及び水道水の水質結果が管理目標値を十分下回っていることを確認した後に、1ヶ月1回以上の検査とする。
十分な検出感度による水質検査によっても3ヶ月連続して水道水又は水道原水から放射性セシウムが検出されなかった場合、以降の検査は3ヶ月に1回に減ずることができる。

(3)検査方法

原則としてゲルマニウム半導体検出器を用いることにより、セシウム134及び137それぞれについて、検出限界値1キログラムあたり1ベクレル以下を確保することを目標とする。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:上下水道部水道課施設管理係

電話番号:0287-37-5217

ファックス番号:0287-36-2298

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?