注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 行政委員会 > 農業委員会 > 農地・農地法 > 農地の転用

ここから本文です。

更新日:2019年5月21日

農地の転用

農地を農地以外のものにする場合は、農地法第4条又は第5条の許可が必要です。

  • 農地法第4条許可:農地の所有者が自ら転用する場合
  • 農地法第5条許可:売買、贈与、賃貸借などで権利を取得して転用する場合

許可権者

  • 農業委員会:4ヘクタール(40,000平方メートル)以下の農地転用
  • 知事:4ヘクタール(40,000平方メートル)を超える農地転用(農林水産大臣に協議)

事務の流れ

申請を受理した後、農業委員による現地調査を経て許可の可否が農業委員会総会において審議されます。

農業委員会が許可権者となる案件でも、審議結果の妥当性について栃木県農業会議への意見照会が行われます。許可処分の決定は回答を得た後に行われます。

  • 申請締切日:毎月5日(5日が休日(土曜日・日曜日・祝日)の場合は、直前の業務日となります。)
    記載内容の不備や添付書類に不足がある申請は受理できません。
  • 現地調査:申請締切から総会開催日までに、農業委員による2回の現地調査が実施されます。
  • 農業委員会総会:毎月25日(25日が休日(土曜日・日曜日・祝日)の場合は、直後の業務日となります。)
  • 許可日:同月末頃(農業委員会許可の場合)
    許可日は、あくまでも目安です。事情により遅れることもあります。

許可申請に必要な添付書類の案内や、許可申請のポイントなどは、事務局窓口に備え付けていますので、ご利用ください。

農地転用制度についての詳細

申請書ダウンロード

関連ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農業委員会事務局農地係

電話番号:0287-62-7186

ファックス番号:0287-62-7184

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?