注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > しごと・産業 > 野生鳥獣の生態と特徴

ここから本文です。

更新日:2017年6月13日

野生鳥獣の生態と特徴

野生鳥獣の被害を防止するためには、野生鳥獣のことを正確に知りましょう

イノシシ

生態

  • 昼夜を問わず活動する
  • 雑食性(特に甘みの強いものが好物)
  • 行動範囲は3キロメートル四方程度(時期により変動する)
  • メスは子供等と群れをつくる
  • オスは単独で生活する
  • 縄張り性は低い
  • 毎年、複数頭出産する(出産期は4月から6月頃)
  • 野生での寿命は10歳前後

特徴

  • 警戒心が強い(慣れると大胆に行動する)
  • 臆病で注意深い
  • 人前に姿を現さない(なれると人前に姿を現す)
  • 「猪突猛進」はパニックになって逆上したとき
  • 主にけもの道を移動する
  • 鼻は敏感で臭いや感触をさぐるために使われる
  • 鼻は力強く、地面を掘ることもできる
  • 跳躍力に優れる(1メートル以上の跳躍力)
  • くぐり抜ける柔軟さもある(20センチメートル程度のすき間はくぐり抜ける)
  • 体毛は太く、剛毛で、電気を通しにくい
  • 学習能力が高く、覚えが早い

被害状況

  • 根菜類と乳熟期以降の水稲の食害(水稲では踏み荒らしによる倒伏)

ニホンジカ

生態

  • 昼夜を問わず活動する
  • 草食性(植物はほとんど食べる)
  • 一定の地域で生活する
  • メスは群れをつくる
  • オスは単独またはオスの群れをつくる
  • 縄張り性は低い
  • 毎年、1頭出産する(出産期は5月から6月頃)
  • 野生での寿命は10歳から12歳

特徴

  • 警戒心が強い(慣れると大胆に行動する)
  • 昼間は森林域、夜間に田畑に出没する(人慣れすると昼間に出没する)
  • 足場の悪いところを嫌う
  • 臭いで危険を察知する(警戒音を発して仲間に知らせる)
  • 跳躍力に優れる(1.5メートル以上の跳躍力)
  • 花火などの音で追払う
  • 板・ネット・電気柵などで侵入を防ぐ

被害状況

  • 主に食害で水稲、野菜、飼料作物などあらゆる農作物が対象(水稲では踏み荒らしもある)

ニホンザル

生態

  • 日中行動する(夜間は行動しない)
  • 雑食性(果実や虫などを好む)
  • 一定の地域で行動する(周期的に行動する)
  • メスは子供等と群れをつくる
  • オスは群れから離れ、別の群れに入ったり単独で生活する
  • 2年から3年に1頭出産する(栄養状態が良いと1年から2年)(出産期は春)
  • 野生での寿命は20歳程度

特徴

  • 新しいものに警戒する(慣れると大胆に行動する)
  • 運動能力に優れる(木登り、ジャンプが得意)
  • 五感は人間と同等
  • 記憶力が良い
  • 学習能力は高いが、習得するまでに時間がかかる
  • 縄張り性は高い
  • 長距離を走るのが苦手
  • 安全な場所から離れるのを嫌う

被害状況

  • 主に果樹、野菜、水稲、イモ類が食害される(特に春と秋に多い)
  • 群れで行動するため、短時間でも被害が大きい
  • こんにゃく、とうがらし、しそなどの辛味や苦味のきつい農作物は好まない

関連事項

野生鳥獣被害対策(那須塩原市ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

鳥獣管理士を集落に派遣します(那須塩原市ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

鳥獣被害対策コーナー(農林水産省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)(外部サイトへリンク)

鳥獣の保護管理に関すること(栃木県ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:産業観光部農林整備課 

電話番号:0287-62-7152

ファックス番号:0287-62-7223

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?