注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業を始める際に活用できる支援事業等

ここから本文です。

更新日:2020年5月18日

農業を始める際に活用できる支援事業等

 農業を始める前にノウハウを学び、やりたいことを決める

おためしファーマー事業

  • 「農業をやってみたいな。でもなにから始めていいかわからない・・」
  • 「農業を仕事にしてみたいけど、どんな野菜をつくればいいのかわからない・・」
  • 「本格的に農業の勉強をしたいけど、まずはおためしに農業をしてみたい。」

 といった方向けの農業研修事業です。

 農業をやってみたいと思っても、なにをつくればいいのか、栽培技術をどうやって習得するのか、農地はどうするのかなど、たくさんの課題があります。なにをつくるかによって、ライフスタイルや収入も変わってきます。まずは農業とはなにかを知るところから始めてみませんか?

 おためしファーマー事業は実際に市内の農家で農業を実践できる研修です。将来那須塩原市で就農する意欲のある農業経験者、農業初心者向けの研修です。

 ※土日のどちらかだけでもOKなので、仕事をしながらでも受けられますよ(^^)

事業概要(研修概要)

  • 研修先:市内農家
  • 研修指導者:市内農業者
  • 作目(品目):応相談
  • 期間:2か月単位(最大6回まで)4日以上/月 4時間以上/日 ※詳細は応相談 
  • 費用:無料(保険は自己負担)

要件

  • 条件:研修終了後、那須塩原市で就農する意欲のある方
  • 年齢:原則65歳未満

研修指導者に対する研修費

  • 研修を受け入れる農業者には負担を軽減するための研修費を支給します。

おためしファーマープログラム

主な作物の時期や研修が受けられる期間等のプログラムになります。

 ※令和2年度事業は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止といたしました。

チャレンジファーマー事業

 チャレンジファーマー事業とは農業に関心があり労働意欲が旺盛な市民を対象に、園芸作物を中心としてほ場(農地)での実践研修やテキストによる机上研修を通じて、野菜づくりの生産技術や知識の習得を目指す研修事業等です。(公益財団法人)那須塩原市農業公社(電話0287-60-1283)主催で実施している事業となります。

チャレンジファーマー養成支援塾の主な内容

  1. 机上研修(野菜作り・肥料・農薬など、農業に関する基礎を学びます。)
  2. ほ場研修(野菜栽培やほ場管理など専門的な技術や農業機械操作などを畑で実践します。)
  3. 実地研修(農家が実際に栽培する現場で、具体的な作業を経験します。)
  • 研修期間:4月から12月の日曜日(計20回)
  • 研修時間:午前9時から午後1時まで(前半:ほ場研修、後半:机上研修)
  • 研修場所:栃木県農業試験場黒磯農場(那須塩原市埼玉9-5)
  • 対象者:農業に関心があり、労働意欲が旺盛で、受講後に引き続き農業を行いたい市民(年齢不問)

 ※令和2年度事業は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止といたしました。

 

那須塩原市農業公社(外部サイトへリンク) 

リンク(内部HP)

 新規就農者向けの補助事業

農業次世代人材投資事業(準備型)

 栃木県が認める研修機関(県農業大学校等)で研修を行う就農希望者に、最長2年間、最大150万円/年(半年ごとに75万円)を交付する国の補助金です。

 なお、国内での2年間の研修に加え、海外研修を希望する方は、交付期間を1年間延長をすることが可能です。

  • 対象:前年の世帯全体の所得が600万円以下で、研修終了後の就農が確実に見込まれる人
  • 主な交付要件:就農予定時の年齢が、原則50歳未満であり、次世代を担う農業者となることについて強い意欲を有していること。

 ※上記ほか、様々な交付要件等があります。詳しくは農林水産省のHPをご確認ください。

 

農林水産省(外部サイトへリンク)

 

農業次世代人材投資事業(経営開始型)

 次世代を担う農業者を目指す方に就農直後の経営確立を支援する資金を交付する国の補助金です。

 一定要件を満たす新規就農者に農業経営を開始してから経営が安定するまでの最長5年間、投資資金を交付します。

 経営開始初年度は150万円(半年ごとに75万円)を交付します。

  • 対象:前年の世帯全体の所得が600万円以下で、明確な将来の農業経営の構想があり、次世代を担う農業者となることについて強い意志を有し、経営の発展性の高い人
  • 主な交付要件:独立・自営就農時の年齢が、原則50歳未満の認定新規就農者であり、次世代を担う農業者となることについて強い意欲を有していること。

 ※上記ほか、様々な交付要件等があります。詳しくは農林水産省のHPをご確認ください。

 

農林水産省(外部サイトへリンク)

 

園芸作物生産振興事業

 園芸作物の生産に必要な農業用機械や施設等の整備に必要な経費の一部を助成する市の補助金です。

  • 補助金額・補助率:対象経費の1月2日以内、50万円以内
  • 栃木県事業と併せて実施する場合は30万円以内
  • 対象者:園芸作物の生産に意欲的に取り組む農業者の内、
  1. 新たに認定農業者の認定を受けようとする者
  2. 認定新規就農者
  3. 農業次世代人材投資資金受給者
  4. 農業所得が500万円未満の認定農業者

 ※令和2年度事業については、受付終了いたしました。

 

経営体育成支援事業(農業用機械等の導入等に対する支援)

 地域農業の担い手を育成し、その方たちが経営発展等に取り組む際に必要となる農業用機械・施設の導入等の支援です。

強い農業・担い手づくり総合支援事業(先進的農業経営確立支援タイプ・地域担い手育成支援タイプ)

 認定農業者かつ人・農地プランの中心経営体に位置付けられた者が、融資を受けて農業用機械・施設の導入や簡易な土地基盤整備を行う際、経費の一部を助成する国の補助金です。

  • 対象者:認定農業者かつ人・農地プランに位置付けられた中心経営体
  • 補助率:対象経費の3月10日以内
  • 上限額:個人1,000万円 法人1,500万円(先進的農業経営確立支援タイプ)

 個人、法人300万円(地域担い手育成支援タイプ) 

 ※令和2年度事業については要望調査を締め切りました。

担い手確保・経営強化支援事業

 先進的な農業経営の確立に意欲的に取り組む地域の担い手が、融資を活用して農業用機械・施設等を導入する際、経費の一部を助成する国の補助金です。

  • 対象者:認定農業者かつ人・農地プランに位置付けられた中心経営体又は、農地中間管理機構から賃借権等の設定等を受けているもの
  • 補助率:対象経費の1月2日以内
  • 上限額:個人1,500万円、法人3,000万円

 ※令和元年度補正事業については要望調査を締め切りました。

農林水産省(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業観光部農務畜産課 

電話番号:0287-62-7032

ファックス番号:0287-62-7223

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?