注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 子育て・教育 > 子育て > 児童手当(子ども手当)・児童扶養手当・遺児手当 > 児童手当

ここから本文です。

更新日:2019年2月4日

児童手当

児童手当は、児童を養育している人に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを支援するための制度です。

支給対象者

国内に住所を有し、中学校3年生まで(15歳になった最初の3月31日まで)の児童を養育している人。

(注意)父母が共に児童を養育している場合は、家計の主宰者(所得が高い方)が支給対象者になります。

(注意)父母が離婚協議中で、住民票上別居している場合は、児童と同居している父または母が支給対象者になります。この場合、離婚協議中であることを証明する書類の提出が必要です。

(注意)国内に住所を有する児童が対象となります。ただし、児童が留学のために国外に住んでいて、一定の要件を満たす場合は児童手当の対象となることがあります。

支給額

  • 0歳から3歳未満 月額15,000円
  • 3歳から小学校6年生(12歳到達後の最初の年度末まで)

18歳到達後の最初の年度末までの児童から数えて、

第1子、第2子 月額10,000円

第3子以降 月額15,000円

  • 中学生(15歳到達後の最初の年度末まで)月額10,000円

(注)所得制限限度額以上の場合は、児童の年齢に関係なく、1人あたり月額5,000円となります。

所得制限限度額

平成24年6月分以降は、所得制限が導入されています。毎年6月に提出していただく現況届により受給者の前年分の所得を審査し、所得制限以上の場合は、児童の年齢に関係なく、その年の6月分から翌年の5月分までの手当は月額5,000円の支給となります。

「扶養親族等の数」と「所得制限限度額」

  • 0人=622万円
  • 1人=660万円
  • 2人=698万円
  • 3人=736万円
  • 4人=774万円
  • 5人=812万円

扶養親族が6人を超える場合は、一人につき38万円を所得制限限度額に加算します。

配偶者、同居家族の所得は合算しません。

所得には一定の控除があります。

所得や控除額の計算方法が変わりました

児童手当施行令等が改正となり、平成30年6月分の手当から所得制限の判定の仕組みが変わりました。

変更する内容は下記の2点です。

  • 長期譲渡所得及び短期譲渡所得についての特別控除適用
  • 未婚のひとり親家庭の寡婦(夫)控除のみなし適用

詳細は児童手当の所得や控除額の計算方法について(PDF:56KB)をご覧ください。

手当の支給日

手当は、年3回、6月、10月、2月の10日に支給月の前月分までを支給します。
ただし、10日が休日等の場合は、直前の休日等でない日に支給します。

  • 6月分から9月分までの手当 10月支払
  • 10月分から1月分までの手当 2月支払
  • 2月分から5月分までの手当 6月支払

児童手当の申請

出生、転入等により新たに児童手当を受給するには、申請が必要となります。

児童手当は、原則申請した月の翌月分からの支給となります。
ただし、申請日が出生日や転出予定日(前住所地の転出届に記載した異動日)の翌日から15日以内の場合、出生日や転出予定日の属する月の翌月分から支給となります。

申請が遅れると、遅れた月分の手当を受けられなくなりますのでご注意ください。

申請に必要なもの

  • 印鑑(認印可)
  • 請求者の健康保険証
  • 請求者名義の普通預金の通帳
  • 請求者及び配偶者の個人番号のわかるもの(個人番号カード・通知カード)

その他、必要に応じて提出していただく書類があります。

公務員の方は、勤務先で申請してください。

すでに児童手当を受給している方の手続き

現況届(毎年6月に手続)

現況届とは、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。

提出がない場合、6月分以降の手当が支給停止となりますので、6月中にお手続ください。
対象者へ案内通知を送付しますので、詳しくは通知をご覧ください。

その他の届

次に該当する場合は、その都度手続が必要です。

  • 出生等により養育児童が増えたとき
  • 他の市区町村へ転出するとき
  • 児童を養育しなくなったとき
  • 受給者と児童の住所が別々(別居)となったとき
  • 児童が児童養護施設等に入所または退所したとき
  • 手当の振込口座を変更するとき(受給者以外の名義への変更はできません)
  • 受給者または児童の氏名が変わったとき
  • 受給者が公務員になったとき
  • 婚姻、離婚、死亡等により受給者を変更するとき

手続が遅れますと、手当が受給できない期間が生じたり、手当の返金が生じたりすることがありますので、速やかにお手続ください。

寄附

児童手当の受給資格者は、全部または一部の支給を受けずに、市に寄附することができます。
関心のある方はお問合せください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来部子育て支援課給付係

電話番号:0287-46-5533

ファックス番号:0287-37-9156

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?