注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医療費の助成 > 新生児聴覚検査費の助成

ここから本文です。

更新日:2019年5月11日

新生児聴覚検査費の助成

新生児聴覚検査とは

生まれて間もない赤ちゃんの耳の聞こえの状態を調べるもので、赤ちゃんが眠っている間に、自動的に判定を行う痛みも副作用もない耳の検査です。

基本的に出産した医療機関で検査を行います。

対象者

那須塩原市内に住所を有する1歳未満の乳児

検査方法(2つのうちどちらかになります)

自動聴性脳幹反応(自動ABR)

両耳にヘッドホンのようなものをつけて音を出し、音を聞かせたときに脳(脳幹というところ)から出る弱い電気の反応を測定します。

これを機械が自動的に判定します。

耳音響放射(OAE)

耳の穴(外耳道)に小さなスピーカーとマイクのついた器具を入れて、音を出したときに耳(内耳の蝸牛【かぎゅう】というところ)で反応した音をマイクで測定します。

助成額

  • 検査1回あたり5,000円を上限に助成します。
  • 5,000円を超えたものについては自己負担となります。
  • 回数の上限は1回です。

利用方法

※助成の対象は、2019年4月1日以降に受診したものです。

栃木県内の医療機関等で受診する場合

  • 母子健康手帳と一緒に受診票を医療機関等へ提出してください。
  • 検査費用が上限額の範囲内であれば費用の支払いはありません。

県外の医療機関等で受診する場合

(注)国内の医療機関に限ります。

(注)栃木県内と同様に受診できる医療機関があります。事前に医療機関にご確認ください。

(注)里帰り出産などにより県外の医療機関等で新生児聴覚検査を受診される方は、必ず一度市保健センターまでご連絡ください。

  • 母子健康手帳と一緒に受診票を医療機関等へ提出し、所見等、検査結果の記載を依頼してください。
  • 費用を全額支払った後、「結果の記載された受診票」と「領収書」「印鑑」「口座番号の分かるもの」を持参し、市保健センターへ提出してください。5,000円を上限に口座振込により助成します。
  • 検査を受けた日の属する月の翌月の初日から起算して1年以内に申請してください。期限を越えた申請は受付できません。

注意事項

  • 那須塩原市から転出した場合、転出日以降の検査は那須塩原市の助成の対象となりませんのでご注意ください。市区町村ごとに助成制度が異なります。転入先の市区町村で同様の助成制度を確認し手続きしてください。
  • 転入された方は市保健センターへ受診票の交付申請をしてください。

新生児聴覚検査のご案内(PDF:266KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部健康増進課 

電話番号:0287-63-1100

ファックス番号:0287-63-1284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?