注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 防災・防犯 > 放射能対策本部 > 放射線量等測定結果 > ホールボディカウンタによる放射線内部被ばく検査の結果

ここから本文です。

更新日:2017年9月11日

ホールボディカウンタによる放射線内部被ばく検査の結果

市では、平成24年10月から市民の放射線に対する不安軽減を目的として、ホールボディカウンタによる放射線内部被ばく量を検査する機関をお知らせするとともに、検査費用の一部を助成しております。

お子さんやご自身の内部被ばく量を検査し確認いただくことで、放射線に対する不安の軽減につながることを目指しています。

ホールボディカウンタとは

体の中に取り込まれた放射性物質の量を検査する機械です。

全身を検査対象として、核種(セシウム、カリウム)ごとの量が検査されます。その量から生涯に受ける内部被ばくの預託実効線量(ミリシーベルト)が計算されます。

ホールボディカウンタ検査風景

ホールボディカウンタ検査風景
公益財団法人震災復興支援放射能対策研究所(ひらた中央病院)

平成28年度 放射線内部被ばく検査結果について

平成28年度の結果

【公益財団法人 震災復興支援放射能対策研究所(ひらた中央病院)】

検査者数:2人

測定核種 セシウム134、セシウム137

検査日時点の年齢

検出限界値未満

検出限界値以上

合計

0~18歳

2人

0人

2人

19歳以上

0人

0人

0人

合計

2人

0人

2人

【那須町保健センター】

検査者数:1人

測定核種 セシウム134、セシウム137

検査日時点の年齢

検出限界値未満

検出限界値未満

合計

3~18歳

0人

0人

0人

19歳以上

1人

0人

1人

合計

1人

0人

1人

  • 数字は、公表に同意した方の人数です。

注)検出限界値は300Bq/bodyです。(身長130センチメートル以下の小児は50Bq/body)

注)(Bq/body)とは、放射性セシウムの全身の体内残留量です。

注)那須町保健センターは3歳からが検査対象です。

過去の検査結果について

平成24~26年度の検査結果につきましては、下記の添付ファイルでご確認ください。

検査の申込みについて

市では、ホールボディカウンタ検査の申込みを受け付けています。詳しくは、下記のページをご確認ください。

 ホールボディカウンタ検査事業

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部健康増進課 

電話番号:0287-63-1100

ファックス番号:0287-63-1284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?