注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 子どもの予防接種

ここから本文です。

更新日:2020年5月29日

子どもの予防接種

予防接種を受けましょう

詳しくは、子どもの予防接種のお知らせをご覧ください。

ヒトパピローマウィルス感染症予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)について

ヒトパピローマウィルス感染症予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)については、平成25年4月1日から、予防接種法に基づく定期の予防接種として実施していますが、平成25年6月14日に開催されました第2回予防接種・ワクチン分科会副反応報告検討部会及び第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会において、ワクチンとの因果関係が否定できない特異的な副反応が見られることから、積極的な勧奨を差し控えている状況です。

本市としましても、積極的な勧奨は行いませんが、予防接種法に基づく対象者(小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女子)で接種を希望する方は、これまでどおり公費負担で予防接種を受けることができます。

ご不明な点がありましたら、健康増進課(黒磯保健センター)にお問い合わせください。

おたふくかぜ予防接種の費用の一部が助成されます

おたふくかぜの予防接種について、予防接種の費用の一部を助成しています。

おたふくかぜ予防接種の助成について

予防接種名

対象者

助成金額

回数

おたふくかぜ

1歳から未就学児

2,600円

1回

(注)助成金額を超えた分は自己負担となります。

骨髄移植等により免疫を消失した方への再接種費用助成について

骨髄移植等により、それ以前に受けた定期予防接種により得た免疫が低下又は消失したため、再接種が必要であると医師に判断された者に対し、再度予防接種を受ける際の費用を助成します。

平成31(2019)年度から実施し、平成31年(2019)年4月1日以降に受ける再接種から適用します。

対象者

次の全ての要件を満たす者

  • 骨髄移植等により、接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断されている者
  • 予防接種の再接種を受ける日において那須塩原市に住所を有する者
  • 20歳に達するまで(20歳の誕生日の前日まで)に再接種を受ける者

※ただし、BCGは4歳未満、小児用肺炎球菌は6歳未満、ヒブは10歳未満、4種混合は15歳未満

  • 国内に所在する医療機関で再接種を受ける者

対象となる予防接種の種類

次の全ての要件を満たす予防接種

  • 予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病に係るものであること
  • 使用するワクチンが、予防接種実施規則に規定するワクチンであること

助成金額

予防接種の再接種に直接かかった費用(市と一般社団法人那須郡市医師会との委託契約額を上限とする)

手続方法

事前に申請が必要となりますので、詳しくはお問い合わせください。

  1. 助成対象認定申請書を市に提出し、再接種を受ける予防接種の認定を受ける。
  2. 医療機関で再接種を受ける。(接種に要する費用は、申請者が一時自己負担する。)
  3. 助成金交付申請書、領収書、予診票の写しを市に提出する。

申請書類

助成対象認定申請書(様式第1号)(PDF:89KB)

助成金交付申請書(様式第4号)(PDF:85KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部健康増進課保健予防係

電話番号:0287-63-1100

ファックス番号:0287-63-1284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?