注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス関連情報 > その他 > 「新しい生活様式」における消費者としての取組

ここから本文です。

更新日:2020年6月2日

「新しい生活様式」における消費者としての取組

新しい日常においては、消費者と事業者が協力して『「新しい生活様式」の実践例』を踏まえた取組を行うことが必要です。

日常生活の各場面において、「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けることを基本に、

  • 発熱または風邪の症状がある場合は、来店・利用しない
  • 人との間隔をできるだけ2m(最低1m)空ける
  • マスクを着用する
  • 特に大声での会話を控える
  • まめに手洗い・手指消毒をする
  • トイレ利用時に配慮する(蓋をして流す等)
  • 滞在時間をできるだけ短くする

ことなどが消費者に求められています。

また、各事業者による感染防止対策や、接客・サービスの内容に変化があることなどを理解し協力することが求められています。

知っておくべきこと、取組例

日常生活の場面別に、新しい日常に向けて消費者が知っておくべきことや、それぞれの業種のガイドラインにおいて事業者に求められている取組等があります。(詳しくは下記の関係リンク先をご覧ください。)

買い物

  • 清算を待つ際は間隔を空けて並ぶ
  • 混雑時間帯を避けての来店に努める
  • 混雑が予想される店舗や売り場などへは1グループ1人または少人数で入場する
  • 電子決済や自動精算機の利用により可能な限り従業員との接触を避ける

外食

  • 食事の前には、手洗い・消毒をする
  • 咳エチケットを守り、会話は控えめにする(食事中以外はマスクをする)
  • テイクアウトする場合は、常温で放置せず、手を洗って速やかに食べる

ごみ捨て

  • ごみ袋はしっかり縛って封をする
  • ごみ袋の空気を抜いて出す
  • 生ごみは水切りをする
  • 普段からごみの減量を心がける
  • 自治体の分別・収集ルールを確認する

劇場等

劇場等では、ガイドラインに基づき次のような対応が取られる場合があります。来館者としてもご協力をお願いします。

  • 会場入り口の行列は、最低1m(できるだけ2mを目安に)の間隔を空けた整列を促す
  • 現金の取り扱いをできるだけ減らすために、オンラインチケットの販売やキャッシュレス決済を推奨する
  • 公演前後および休憩中に、人が滞留しないよう、段階的な会場入り等の工夫を行う
  • チケットシステム等により事前に把握している範囲で、公演ごとに、来場者の氏名および緊急連絡先の把握に努める
  • 場内における会話は控えてもらうように周知する

鉄道

鉄道事業者では、「3つの密」回避のための取組を進めています。利用者としてもご協力をお願いします。

  • 空調装置等による換気が可能な車両以外については、窓を開けることも含めて適切に換気を実施する
  • 国土交通省と協力して、地域の実情を踏まえつつ、車内や駅構内における放送等を通じて、テレワーク・時差出勤の利用者への呼びかけを実施する
  • 国土交通省と協力し、車内や駅構内における放送等を通じて、利用者に対して、可能な限りのマスク着用の協力を呼びかける

バス・タクシー

バス・タクシーにおいては、ガイドラインに基づき次のような対応が取られる場合があります。利用者としてもご協力をお願いします。

  • 定員上、後部座席に着席可能である場合には、利用者に対して可能な限り後部座席に乗車するよう理解を求めるよう取り組む
  • バスの待合所、バスターミナルやバス車内において、バス利用者等に対し、アナウンスや掲示等により、マスク着用や手洗い励行等の感染予防対策を徹底すること、テレワークや時差出勤等に取り組むこと、会話を控えめにすることや他の乗客との距離をできるだけ空けること等を呼びかけるよう努める

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:市民生活部生活課くらし安全安心係

電話番号:0287-62-7127

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?