注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 市の取組・計画 > 「栃木からの森里川湖(もりさとかわうみ)プラごみゼロ宣言」について

ここから本文です。

更新日:2019年9月2日

「栃木からの森里川湖(もりさとかわうみ)プラごみゼロ宣言」について

プラスチックごみ対策の一層の強化を図るため、令和元年8月27日火曜日、栃木県公館において、県及び県内全25市町による「栃木からの里川プラごみゼロ宣言」が行われました。これをキックオフとして、オール栃木体制で、不必要な使い捨てプラスチックの使用削減、再生材や生分解性プラスチックの利用促進、プラスチックごみのリサイクルと適正処理の徹底を図っていきます。

これに伴い、本市でも不必要な使い捨てプラスチックの使用削減、再生材や生分解性プラスチックの利用促進、プラスチックごみのリサイクルと適正処理の徹底を図っていきます。

記念撮影

宣言文

宣言文(PDF:201KB)

具体的な取組

プラス3R(リシンク・リフューズ、リファイン)

従来の3R(リデュース、リユース、リサイクル)に加え、プラスチックを含めたごみ減量のために、私たちが意識すべき新しい考え方です。

  • Rethink(リシンク):本当に必要なものかどうか、よく考える。
  • Refuse(リフューズ):不必要なものはきちんと断る。
  • Refine(リファイン):捨てる時には分別する。

市民が参加可能な取組

  • 市民一斉美化運動への参加(毎年5月、11月に市が実施)
  • マイバッグを積極的に利用し、レジ袋を断る。

小売店、飲食店が参加可能な取組

  • お客様へのレジ袋やスプーン等の要否確認に関する声掛け
  • マイバッグの推奨

企業、農業者が参加可能な取組

  • 再生材やバイオプラスチックなど、再生可能資源への代替促進
  • 生分解性プラスチック農業用資材の利用促進

那須地区レジ袋削減推進協議会

大田原市及び那須町及び本市の県北3市町は、平成22年3月に地域の消費者団体、事業者、商工団体及び行政が一体となってレジ袋削減に取り組む「那須地区レジ袋削減推進協議会」を設立しました。本市もこの協議会の一員として、毎年レジ袋削減及びマイバッグ利用促進に取り組んでいます。

那須地区レジ袋削減推進協議会について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部廃棄物対策課一般廃棄物対策係

電話番号:0287-62-7301

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?