注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 市の取組・計画 > 那須塩原クリーンセンターに直接ごみを搬入する際のごみ処理手数料が改定されます。

ここから本文です。

更新日:2018年10月16日

那須塩原クリーンセンターに直接ごみを搬入する際のごみ処理手数料が改定されます。

市は、ごみの減量化と資源化を促進するため、那須塩原クリーンセンターに直接搬入される資源物以外のごみ(可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ)の処理手数料を改定しますこのことにより、平成31年4月1日から、那須塩原クリーンセンターに搬入される事業系ごみ及び指定ごみ袋に入っていない家庭系ごみのごみ処理手数料が10キログラム当たり100円から10キログラム当たり150円に改定となります。

改定の時期と改定後の金額

  • 改定時期:平成31年4月1日
  • 改定後の金額:10キログラムにつき、150円

改定後はごみ10キログラム当たり50円引き上げられます

ごみ処理手数料改定の対象となるごみの種類

  • 事業所から排出される可燃ごみ、不燃ごみ及び粗大ごみ(一般廃棄物収集運搬許可業者に委託した物を含む)
  • 家庭から排出された可燃ごみ、不燃ごみ及び粗大ごみで、市指定のごみ袋に入れられずに直接那須塩原クリーンセンターに持ち込まれたもの

ごみ処理手数料改定の対象にならないごみの種類

  • 資源物
  • 家庭から出たごみで、正しく分別された後、当市の指定ごみ袋に入れられて持ち込まれたもの
  • 家庭から出たせん定枝で、太さ5センチメートル、長さ50センチメートル以下で束ねられたもの

資源物は無料で引き取るため、可燃ごみ、不燃ごみともに分別を行えば行うほど負担軽減につながります

ごみ処理手数料を引き上げる理由

当市のごみの排出状況は、缶や古紙などの資源物の回収量が年々減少する一方、可燃ごみや不燃ごみは減らない傾向が見られます。特に事業系ごみは増加傾向であるため、平成30年3月に改定した「那須塩原市一般廃棄物処理基本計画」において、ごみ処理手数料を引き上げることにより、減量化及び資源物の分別を強く推進する旨の方針が定められました。これらのことにより、より一層のごみの減量・リサイクルの推進を目的とし、那須塩原クリーンセンターに搬入したごみ処理手数料を10キログラムにつき150円に改定することになりました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活環境部環境対策課廃棄物対策室一般廃棄物担当

電話番号:0287-62-7301

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?