注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 家庭ごみ > 特定家電の処分がより便利になります。

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

特定家電の処分がより便利になります。

「手続が面倒」

「どこに運べばいいか分からない」

通常のごみとは違い、ごみステーションや那須塩原クリーンセンターに出すことができず、処分するのにもリサイクル料金などの手続が必要になる特定家電を処分する際、不便を感じた方もいらっしゃるかと思います。

市では、特定家電の処分がより便利になるよう、市内の家電小売事業者に特定家電回収事業者として協力いただくよう依頼しました。このことにより、買ったお店が分からない場合などでも、特定家電の回収に協力いただける家電小売事業者(以下「家電回収協力店」という。)に処分を依頼できるようになりました。

「特定家電」とは?

特定家電とは、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)で処分方法などが決められている電気製品で、下記の4品目を指します。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

上記4品目は市では回収・受入れ・処分ができません。

家電回収協力店どんな場合に依頼する?

次のような場合、家電回収協力店に処分を依頼できるようになりました。

  • 知り合いからもらった物で、どこのお店で買ったのか分からない。
  • 学生時代に買った物で、販売店が遠くて行けない。
  • かなり昔に購入した物が納屋から出てきたが、買ったお店は既に廃業していて処分を依頼できない。
  • 別荘にあった物だけど、普段住んでいる家まで持って帰るのが大変。

なお、買い替えの場合や販売店に依頼可能な場合は、そちらを優先してご依頼ください。

家電回収協力事業者一覧

注意!特定家電の処分には手数料がかかります。金額は必ず家電回収協力店にご確認ください。

その他の処分方法

これまでどおり、自分でリサイクル券を用意し、指定引取場所に運ぶ方法で処分することも可能です。

「特定家電以外のごみもまとめて処分したい」という場合は市の一般廃棄物処理業許可業者にご相談ください。

その他

家電リサイクル法の詳細や、パソコン、自動車などのリサイクルについて確認できます。

特定家電以外の家電製品に関する詳細を確認できます。

「無料回収」などの言葉につられて安易に利用すると思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

不法投棄は犯罪です行為者は厳しい処罰の対象になります。




Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活環境部環境対策課廃棄物対策室一般廃棄物担当

電話番号:0287-62-7301

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?