注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 防災・防犯 > 防災 > 避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

災害発生時の避難所では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、可能な限り避難所の衛生環境の確保に努めてまいります。しかし、暴風雨により十分な換気ができなかったり、断水で手洗いやトイレの使用が制限されたりすることで、避難所の感染リスクが高まる可能性があります。市民の皆さんも、自分や家族の感染リスクを少しでも軽減するため、次のことについて検討していただき、平常時から準備しておきましょう。

市民の皆さんにお願いすること

避難の必要性があるかどうか考えましょう

  • 「避難」とは、「難」を「避」けることです。避難所に行くことで、感染リスクが高まる可能性もあります。自宅での安全が確保できる方は、避難が必要かどうか考えましょう。
  • 自宅の周りに、河川、用水路、急斜面、崖などの災害リスクがないか事前に確認し、災害が発生したときに、避難する必要があるかどうか考えておきましょう。
  • 避難が必要な場合は、早めの避難を心掛けてください。激しい降雨や冠水などにより、避難することがかえって危険と判断した場合は、自宅の2階などへ避難する「垂直避難」についても検討しましょう。

親戚や知人の家などへの避難について検討しましょう

  • 避難が必要な場合でも、市が指定した避難所だけでなく、安全な親戚や知人の家などへの避難も考えましょう。
  • 避難所が密集・密接状態になることを防ぐためにも、ぜひ御協力をお願いします。

手洗い・咳エチケットなどの基本的な対策の徹底

  • 避難する前に、自らの検温をお願いします。発熱や咳などの症状がある方は、原則、避難所での受け入れができません。
  • 避難者や、避難所運営に係る方は、頻繁に手洗いをするとともに、咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底しましょう。

家庭の備蓄状況を確認しましょう

  • 水や食料などの備蓄状況を確認し、平常時から災害に備えましょう。
  • 台風などの災害で、早めに避難する場合は、必要なものは自分で持参しましょう。

【避難所に持っていくもの】

・飲み物、食料(最低1日分)

・薬(普段服用している薬)

・マスク

・アルコール消毒(ウエットティッシュ等)

・体温計

・毛布

・スリッパ

・着替え

・携帯ラジオ

市が行う避難所での対策

避難スペースの確保

  • 台風などの接近により、災害の発生が予想される場合には、黒磯・西那須野・塩原の各地区に、それぞれ2カ所の自主避難所を開設し、避難所内の密集状態を緩和します。
  • 避難所内では、2メートル間隔を確保するため、ロープで区画を設け、スペースを確保します。

※「自主避難所」とは、市が避難勧告などを発令する前に、市民の自主的な避難場所を提供するための避難所です。開設する場所や日時は、市のホームページ、みるメールなどでお知らせします。

発熱、咳などの症状がある方への対応

  • 発熱、咳などの症状がある方は、避難所内での感染拡大を防止するため、自家用車の中で、「車中待機」をお願いします。
  • 黒磯・西那須野・塩原の各地区に、それぞれ1カ所の車中待機場所を開設しますので、そちらへ移動していただきます。
  • 車中待機場所では、屋外トイレを使用できますが、感染拡大を防止するため、手洗いの徹底をお願いします。

 


お問い合わせ

所属課室:総務部総務課危機対策班

電話番号:0287-62-7150

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?