注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 防災・防犯 > 防災 > 災害に備えて

ここから本文です。

更新日:2016年1月28日

災害に備えて

毎年、台風や集中豪雨により全国各地で大きな被害がもたらされていますが、一人ひとりが災害に備えることで、被害は最小限に抑えることができます。

災害は身近に起こりうるものとして、日ごろから各家庭において備えておきましょう。

屋内の防災対策

  • 停電に備えて懐中電灯やラジオを準備しておく。
  • 避難に備えて貴重品などの非常時持出品を準備しておく。
  • 断水などに備えて飲料水を確保しておく。
  • テレビ、ラジオからの情報を収集する。
  • 近所の川や斜面などの身近な状況の変化に注意する。
  • 浸水に備えて家財道具は安全な場所へ移動しておく。

屋外の防災対策

  • 屋根瓦のひび・割れ・ずれ・はがれ、トタンのめくれ・はがれなどは修理しておく。
  • 雨どいや排水溝にたまったゴミや木の葉を取り除いて、雨水の流れをよくする。
  • 植木や物干しざおなど、落下する危険のあるものは室内に入れておく。
  • ブロック塀の傾きやひび割れは補修しておく。
  • 看板や庭木などは倒れないよう補強しておく。
  • プロパンガスのボンベはしっかりと固定しておく。

非常時持出品の準備

災害発生時に速やかに避難できるように、次のような持出品をリュックサックなどに入れて準備しておきましょう。

非常時持出品

飲料水

水筒やポリ容器などに水を用意しておく。(一人一日3リットルを目安に3日分程度)

食料

缶詰やインスタント食品、乾パンなど、約3日分の食料を用意しておく。赤ちゃんのいる家庭はミルクも忘れずに。

貴重品

現金(公衆電話用に10円玉)、預金通帳、証書類、印鑑、健康保険証など。

生活用品

懐中電灯、ラジオ、電池、ろうそく、ナイフ、マッチ、缶切り、軍手、毛布、寝袋、洗面用具、タオル、ティッシュ、など

衣類

下着類1・2着、雨ガッパ、防寒着など。

救急医薬品

消毒液、きず薬、絆創膏、湿布、包帯、ガーゼ、脱脂綿、胃腸薬、かぜ薬、常備薬など

その他

ヘルメットなどの安全帽、ビニールシート、簡易カイロ、テレホンカード(公衆電話用)、連絡先リストなど

避難場所の確認

避難場所や避難経路を確認しておきましょう。(関連情報「避難場所(一覧)」をご参照下さい。)

関連情報リンク

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課危機対策・放射能対策室

電話番号:0287-62-7150

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?