注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 平成30年度記者会見 > 平成30年8月/市長定例記者会見

ここから本文です。

更新日:2018年8月24日

平成30年8月/市長定例記者会見

8月定例記者会見の実施内容

日時・会場

平成30年8月23日(木曜日)午後2時45分から、那須塩原市役所3階303会議室

発表事項

(1)平成29年度那須塩原市一般会計決算の概要について

平成29年度の一般会計決算額は、歳入が503億238万5458円、歳出が476億3713万9444円です。歳入歳出差引額は黒字となり、翌年度に繰り越すべき財源を差し引いた実質収支においても黒字となりました。この決算額について、平成28年度と比較してみますと、歳入歳出ともに約6パーセントの増となっております。増となった主な要因は、共英学校給食共同調理場改築事業費や、くろいそ運動場整備事業費などの事業量の増によるものです。

詳細及び特別会計決算の概要については、資料1をご覧ください。

 

(2)平成30年度9月補正予算の概要について

今回の補正予算は、平成29年度決算に伴う繰越金の整理のほか、国及び県支出金等の決定に伴う整理、公共施設等有効活用基金への積み立て等、喫緊の政策課題に対応するために必要な経費について予算措置を行うものです。また、これらの歳入歳出予算補正のほか、2件の債務負担行為補正を行います。

これらにより、歳入歳出それぞれ12億8431万6000円を増額し、平成30年度那須塩原市一般会計歳入歳出予算総額を487億3301万5000円とするものです。

詳細及び特別会計補正予算の概要については、資料2をご覧ください。

 

(3)市有施設ブロック塀等の点検結果及び今後の対応について

この度、市は大阪府北部を震源とする地震によるブロック塀の倒壊によって発生した死亡災害を受け、市有施設内に設置しているブロック塀等の緊急点検を実施しました。現行の建築基準法に不適格な工作物に該当するブロック塀等について、学校施設9校12箇所、その他の市有施設23施設33箇所の点検を行い、その点検結果から優先順位をつけて予備費を充当するなどし、対応してまいります。

詳しくは、資料3をご覧ください。

 

(4)那須水害被災者追悼式及び那須塩原市総合防災訓練の実施について

平成10年8月末に発生した那須水害から20年が経過したことをうけ、改めて当時に思いを馳せ、犠牲になられた多くの方々に哀悼の意を表するとともに、振り返りを通じて更なる、防災意識の高揚と防災体制の強化を図るため、8月26日、那珂川河畔公園石のステージにおいて、那須水害被災者追悼式を実施します。

追悼式終了後は、会場を那珂川河畔運動公園に移し、災害に強いまちづくりを推進するため、那須水害と同規模の大雨による災害発生を想定して、総合防災訓練を実施します。また、総合防災訓練と連動して旧寺子小学校で避難所の運内訓練も同時に行います。

詳しくは、資料4をご覧ください。

 

(5)100歳以上の方への市長訪問について

9月3日と6日の2日間にわたり、100歳以上の方の長寿をお祝いするため、該当される方の自宅を訪問し敬老祝い金をお渡しします。市内の100歳以上の方は、平成30年8月1日現在、男性14人、女性69人、合わせて83人となります。なお、当日は在宅している6人の方の自宅を訪問する予定です。

詳しくは、資料5をご覧ください。

 

(6)那須塩原市健康づくり講演会の開催について

この度、がんの早期発見や早期治療を目指すため、がん検診の重要性と受診を啓発する目的で、那須塩原市健康づくり講演会を9月15日の土曜日に黒磯文化会館で開催します。今回はタレントの麻木久仁子さんや、栃木県保健衛生事業団乳がん検診部長の阿部聡子さんを講師に迎えて、がん治療の体験や検診の重要性について講演していただきます。

詳しくは、資料6をご覧ください。

 

(7)平成30年度那須塩原ブランドの認定申請について

市農観商工連携推進協議会では、平成22年度から那須塩原らしさを持った特産品を独自の基準で審査し、那須塩原ブランドとして認定しております。本年度においても、8月20日から10月19日の2か月間に渡り、認定申請の期間を取り、多くの個人・企業・団体などから申請を受け付けたいと思っております。

詳しくは、資料7をご覧ください。

 

(8)那須塩原市まちなか交流センター「くるる」フードコート出店事業者の決定について

現在、黒磯駅前に建設中の那須塩原市まちなか交流センター「くるる」の、フードコートへ出店する2事業者が、この度決定しました。これらの事業者については、9月9日に黒磯駅前で開催されるイベント「もったいない市」に出店し、午前11時からお披露目会を行う予定です。

詳しくは、資料8をご覧ください。

 

(9)創作劇「那須野の大地」第19回公演の開催について

9月16日、三島ホールにおいて、創作劇「那須野の大地」の公演を行います。この創作劇は、那須野が原の開拓120周年記念として旧西那須野町が制作したもので、初演後に市民劇団「なすの」が立ち上げられてから現在まで継続しており、今回で19回目の公演となります。また、今回は那須野が原の開拓が日本遺産に認定された記念公演となっております。毎年少しずつ演出を変えているため、以前見た人でも楽しめる内容となっています。

詳しくは、資料9をご覧ください。

 

(10)くろいそオペラをつくる会第18回定期公演喜歌劇「メリー・ウィドウ」の開催について

9月30日に黒磯文化会館において、くろいそオペラをつくる会の第18回オペラ公演を行います。くろいそオペラをつくる会は、平成7年の国民文化祭で旧黒磯市がオペラ会場となったことを契機として、平成9年に設立され、様々な演目を上演してきました。今年上演される演目は、パリの社交界を舞台に、国の存亡をかけた大人の恋を描く喜歌劇「メリー・ウィドウ」です。市民がつくり上げた舞台をぜひご覧ください。

詳しくは、資料10をご覧ください。

 

(11)特別展「那須野が原に農場を-華族がめざした西洋-」について

9月15日から11月25日にかけて、那須野が原博物館において、特別展「那須野が原に農場をー華族がめざした西洋ー」を開催します。この特別展では、那須野が原の開拓に大きな影響を与えた華族農場と華族の別邸での生活について、調度品や当時の写真など、ゆかりの品々を通じて紹介します。また、期間中にはこの地に牧場を開いた華族の末裔の方を講師に招いた講演会や、華族の別邸等を訪ねる見学会なども開催します。

今年は、折しも明治元年から数えてちょうど150年目にあたり、5月には、那須野が原開拓の歴史的経緯が日本遺産に認定されました。ぜひ、多くの方に博物館へ足を運んでいただきたいと思います。

詳しくは、資料10をご覧ください。

 

(12)ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO! in 那須塩原の開催について

株式会社ブリヂストンでは、オリンピック・パラリンピックの機運醸成を目的としたイベントを全国で開催しております。この度、同社の工場が本市に立地しており、本市が東京オリンピック・パラリンピックのホストタウン登録をされていることから、秋分の日の振替休日となる9月24日、にしなすの運動公園にて、このイベントが開催されることになりました。

イベントには、栃木県出身のリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した水泳の萩野公介選手をはじめ、多くのアスリートが参加する予定です。

詳しくは、資料12をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部シティプロモーション課広報広聴係

電話番号:0287-62-7109

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?