注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 広聴 > 平成17年度 > 那須塩原市総合計画基本構想(素案)のパブリックコメントの結果について

ここから本文です。

更新日:2011年11月24日

那須塩原市総合計画基本構想(素案)のパブリックコメントの結果について

那須塩原市総合計画基本構想(素案)に対する意見募集を行った結果、3名の方から計9件のご意見をいただきました。

提出されたご意見についての市の考え方は次のとおりです。

貴重なご意見ありがとうございました。

募集概要

No.

2

案件名

那須塩原市総合計画基本構想(素案)

募集期間

平成17年12月22日(木曜日)から 平成18年1月26日(木曜日)まで

結果公表日

平成18年4月5日(水曜日)

意見の応募者数

3人

提出された意見の数

9件

提出方法の内訳

電子メール9件(合計9件)

意見の概要と市の考え方

清潔で美しい地域づくり(P28)

意見の概要

ゴミのポイ捨てが増えるなどモラル低下が目立つため、対策を講じてほしい。

市の考え方

ポイ捨て防止対策等はこれまでも実施してきましたが、なかなか効果が上がっていないのが実情です。今後も、意識啓発に努めながら市民や団体と連携し、効果的な対策を研究し、講じていきたいと考えています。

公共交通網と交通安全対策の充実(P29)

意見の概要

交差点の右折について危ないと思う箇所が多くあります。早めの対応をお願いします。

市の考え方

人命に係わる問題でもあり、現在も、危険な箇所の把握や交差点改良等に努めています。引き続き、地権者をはじめ関係者の協力を得ながら、交差点改良等に努めるとともに、警察(公安委員会)にも協力を求めていきます。

秩序ある計画的な市街地の形成(P33)

意見の概要

大田原市と隣接する西那須野地域は、都市計画の地域指定がないことから乱開発が進んでいる。主要な道路周辺には都市計画地域の指定をし、学校周辺には条例の強化などを検討してほしい。

市の考え方

用途地域の指定や市街化区域と市街化調整区域を分ける線引きなどにより、建物の用途を制限することは可能ですが、反面、地価の高騰や、地価の下落による財産価値の低下などの様々な問題を招くことが予測されますので、十分な検討が必要です。ご意見については、全市的な土地利用のあり方を検討する中で、参考にさせていただきます。

効率的・効果的な下水道の整備(P34)

意見の概要

農村地域でも農業集落排水に限らず合併処理浄化槽も検討すべきではないか。また、合併浄化槽については、管理業者をしっかり監理してほしい。

市の考え方

地域の状況に応じた生活排水対策を推進するため、費用対効果を含め総合的な検討を加えながら、公共下水道・農業集落排水・合併処理浄化槽を選択的に導入していくことしています。また、合併浄化槽については、市民や事業者に協力を求めながら、法の趣旨を踏まえた適正な運用を行いたいと考えています。

商業・サービス業の振興(P35)

意見の概要

那須塩原駅の周辺等に、ショッピングモール等の商業施設を誘致して欲しい。

市の考え方

都市機能の整備と集積を図りながら商業サービス業の振興を推進することとしていますので、ご提案については、今後の施策検討の参考にさせていただきます。

意見の概要

西那須野駅南側市営駐車場について、商店街を利用した場合には駐車料を無料にしていただきたい。

市の考え方

市内には、計5箇所の市営駐車場がありますので、他の市営駐車場駐車場や民営駐車場との関係など、総合的に検討する必要がありま。今後の検討課題とさせていただきます。ご提案については、今後の施策検討の参考にさせていただきます。

意見の概要

大規模小売店に対し入り口付近に駐輪場の整備を義務づけるとともに、商店街にも駐輪スペースを確保していただきたい。

市の考え方

大規模小売店舗の付帯施設については、関係法令のなかに配置基準が定められていますので、これらの法令等に基づきまして、引き続き、設置者に駐輪場の確保に関して適正な整備を求めてまいります。また、商店街への駐輪スペースの確保については、商業振興に関してのご意見として、今後の事業計画の中で検討させていただきます。

中心市街地の活性化(P36)

意見の概要

下記の理由により西那須野駅前再開発事業に反対します。

  1. 新国道400号が完成した場合、沿線に新しい商業施設が出来ることが予想され、二重投資である。
  2. TMO構想自体が地域住民に十分な説明がなされていない。
  3. 中央通りが完成した場合、町中を速度の増した車が通る事になり、住環境が悪化する。

市の考え方

旧西那須野町では、市街地の整備改善と商業等の活性化を一体的に推進するため、「中心市街地活性化基本計画」を策定するとともに、基本計画(商業等の活性化)を具体化するため、商工会が主体となり、「西那須野町TMO構想」を取りまとめ、行政と住民の役割分担のもとに取組を進めてきました。

市では、中心市街地の衰退に歯止めをかけ、活性化することが、市全体の活性化につながるものと考えており、また、計画的な土地利用の推進や高齢社会への対応などの視点からも、必要な事業であると考えております。

情報通信基盤の整備・強化(P38)

意見の概要

市内には、インターネットの接続環境が悪い地域があるため環境を充実して欲しい。

市の考え方

基本施策「地域情報化の推進」の中で、地域の団体や事業者との連携を図りながら情報通信基盤の整備に努めることとしています。

引き続き民間事業者への働きかけを行いながら、地域情報化の推進を図っていきます。

基本構想素案

項目欄の( )内は基本構想素案のページを示しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部企画政策課企画政策係

電話番号:0287-62-7106

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?