注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 市の政策と計画 > 企画部 > 指定管理者制度 > 指定管理者制度の概要について

ここから本文です。

更新日:2020年6月19日

指定管理者制度の概要について

指定管理者制度の概要

指定管理者制度とは

平成15年6月の地方自治法の一部改正により、公の施設の管理に関して、従来の「管理委託制度」に代わり、新たに「指定管理者制度」が創設されました。

「指定管理者制度」は、近年、民間でも十分なサービス提供能力が認められる主体が増加していること、多様化する住民ニーズに対応するため、民間事業者の有するノウハウを活用することが有効である場合もあることから、公の施設の管理の委託先を公共団体、公共的団体、政令で定める出資法人から民間事業者にまで拡大し、住民サービスの向上と経費の縮減を図ることを目的に創設されたものです。

公の施設とは

「住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するため」に地方公共団体が設ける施設のことです(地方自治法第244条)。具体的には、体育施設、教育・文化施設、福祉施設などです。

指定管理者が管理を行う施設

那須塩原市で指定管理者が管理を行う公の施設は次のとおりです。

指定管理者制度に関する条例等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部企画政策課 

電話番号:0287-62-7315

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?